かたつむりの手遊び【よこやまのてあそびうた】

手遊び

かたつむりの手遊び

手遊びについて

にょきっと出た目が可愛いかたつむりが、高いところをひたすら登ろうとする手遊びです。

梅雨の制作で彼らを作る先生も多いのではないでしょうか。

でんでんむしの歌も可愛いですよね。

触ると引っ込む目、うずまきの殻のお家、ゆっくりのんびり移動し、食べたものと同じ色のウンチをする彼らは、子ども達も気になる存在です。

梅雨以外でもオススメしたい、登っても登ってもスタート地点に戻される、

報われない『かたつむりの手遊び』です。

歌詞

顔出したかたつむり 坂を登る

せっせとせっせと登る そこへ風がぴゅ~!

コロコロコロコロ落ちていく

 

顔出したかたつむり 丘を登る

せっせとせっせと登る そこへ風がぴゅ~!

コロコロコロコロ落ちていく

 

顔出したかたつむり 山を登る

せっせとせっせと登る そこへ風がぴゅ~!

コロコロコロコロ落ちていく

メロディーライン

ポイント

風がピューっと吹く場面では、かたつむりを飛ばすつもりで息を吹きかけて下さい。

アレンジ

坂、丘、山を登っていますが、登れるものであれば何でもいいですね。

 

おわり

 

コメント