キャベツの手遊び【よこやまのてあそびうた】

手遊び

キャベツの手遊び

手遊びについて

※自作の手遊びではありません※

キャベツの中から青虫が出てきて最後はちょうちょになる『キャベツの手遊び』

軽快なリズムで、分かり易い短いフレーズが繰り返されるこの手遊びは、子ども達からも保育士さんからも人気ですよね。

とても大好きな、お気に入りの手遊びのひとつです。

歌詞

キャベツの 中から あおむしでたよ

ピッピッ お父さんあおむし

 

キャベツの 中から あおむしでたよ

ピッピッ お母さんあおむし

 

キャベツの 中から あおむしでたよ

ピッピッ お兄さんあおむし

 

キャベツの 中から あおむしでたよ

ピッピッ お姉さんあおむし

 

キャベツの 中から あおむしでたよ

ピッピッ 赤ちゃんあおむし

 

キャベツの 中から あおむしでたよ

ピッピッ ピッピッ ピッピッ ピッピッ ピッピッ

 

ちょうちょになりました

メロディーライン

ポイント

グーの手をもう片方の手で包み、キャベツを作ります。

年少さんは薬指が難しいかもしれませんが、ゆっくりにしてあげるなどして楽しみながら指の運動をさせてあげて下さい。

ちょうちょがヒラヒラと飛んだ後、お膝の上へ置いてあげると、次の活動への入りがスムーズになると思います。(手はお膝はお話を聞く基本の姿勢ですね。)

おわり

コメント